横スクロール避けるゲーム on Arduino(Japanino)

概要

Arduino互換機Japaninoで8x8LEDマトリクス(A3880EG)を制御。
シリーズその2
横スクロール障害物避けるゲームを作ってみた。
緑の点が自機、ボリュームで上下に移動できる
赤いドットに当たるとゲームオーバー
Arduinoのリセットでもう一度最初からプレイ

動作ムービー

回路図

LEDマトリクスは赤緑表示可能なものを使います。
具体的にはA3880EG(マルツのショップページ:http://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=65332)など。
Arduinoの2~9番ピンからLEDのROWに入る線には200Ωの抵抗を入れる。
ピン数が足りないので、緑は1本だけつなぐ。
Arduinoの13番ピンから出る線はLEDの緑の2列目を点灯させることに。
なので0番ではなく1番に入れる。見た目の問題でソッチの方がそれっぽかった。
可変抵抗は1KΩを使用。自機の移動と回転方向に違和感があれば5VとGNDを逆にする。

SideScrollSchematic.png

スケッチ

マップデータと文字データを何も考えずに
const bool mapdata[] = {......たくさんのデータ......};
なんて宣言したらSRAM領域あふれた。
constしても変数だからSRAMなのね。当然といえば当然。
最初原因わからずで2時間ほど悩む。
結局PROGMEMでプログラム領域へ置くことで解消。



添付ファイル: filesideScrollGame.pde 817件 [詳細] fileSideScrollSchematic.png 457件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-01 (金) 09:21:46 (3310d)